βグルカンが含まれる食品と製品の違い

現代では、βグルカン(ベータグルカン)という成分の発見と同時に、酵母菌の体内に豊富に存在することが明らかになっています。しかし、酵母そのままを食べても酵母の体内に含まれているβグルカンは機能性を発揮することなく体内を素通りするだけです。βグルカンをマクロファージに吸収させるためには、酵母菌の体内からβグルカンを抽出する技術が不可欠でした。

酵母菌からのβグルカン抽出技術は1940年代に初めて開発され、その後、1980年代に飛躍的に進化しました。そのために酵母からβグルカンを抽出したサプリメントが米国で大流行したのです。それまでに存在したいかなるキノコサプリメントよりも数倍以上の効率でβグルカンを摂取できるようになったのですから無理もありません。

2000年代に入ってからは、キノコからのβグルカン摂取が非常に非効率であることが明白となり、酵母抽出のβグルカンが主流となっています。

βグルカンを効率良く摂取することは、人間と同様にペットにも重要です。むしろ、効率的な摂取が難しいペットにこそ、高純度のβグルカンを少量づつ与えることが重要だと言えるでしょう。

ペットの犬(イヌ)にこそ高純度なβグルカンをと考えるなら、現代の酵母生成技術の最高峰はパン酵母から抽出したサプリメントが最高のβグルカン純度を実現しています。そのβグルカン純度はキノコに数十倍の効率性が実現されているのです。

βグルカンは人間でも通常の食事では殆ど摂取できなくなっています。βグルカンは発酵食品の源泉である酵母菌の中に含まれているため、一昔前ならば、発酵食品を頻繁に食べる機会が自然とあったため、微少量でも毎日少しづつのβグルカン摂取が無意識の内にできました。しかし、現代ではよほど意識しなければ発酵食品をペットに関しても、ドッグフード、キャットフードには高級品、格安品を問わず、βグルカンは含まれていないのです。

βグルカン(ベータグルカン)の重要性を考慮すると、人間もペットの犬や猫も、健康食品やサプリメントでの確実な摂取が不可欠だと言えるでしょう。


Links
HOME | βグルカン本舗 | βグルカンを効率よく摂る方法 | パン酵母ベータグルカンとは!? | ベータグルカン本舗Yahoo店
最高の犬用ペット・サプリメント・健康食品 | ペット用サプリメント・健康食品 | ペットに最善のサプリメント | ペットためのベータグルカン
Copyright © ORTUS Corporation All Rights Reserved.