ペットに選ぶべきβグルカン

ペットの愛犬にβグルカン(ベータグルカン)を与えることは、飼い主として施せる最善かもしれません。しかし、効率の悪いβグルカン健康食品を与えることは、親切が仇となる可能性すら孕んでいます。

βグルカンの機能性と重要性、その高い可能性を理解してもらい、性質を考慮した効率的なβグルカン摂取を実施することは、人間でさえも少し気を使う必要のある行動です。ましてやペットにβグルカンの重要性は解るはずもなく、飼い主が犬や猫の分まで、通常以上に気を回してやる必要があります。

βグルカンの性質から最高効率でのβグルカン摂取を目指すことは重要ですが、ペットの性格や嗜好で犬や猫にそっぽを向かれたのでは困ってしまいます。現実的にはペットに与えるβグルカンは、効率よりも、兎に角も食べて貰うことに心を砕く必要があるのです。

βグルカンをペットに与えるには、高純度品でも低純度品でも、その難易度の高さは変わらず難しいのです。

となると実際には、対象となる犬や猫が好きな食品や飲み物に混ぜるしかないのが現実的な対応となります。通常の食品からは摂取できないβグルカンは、効率を落としてでもペットに食べてもらう必要があるからです。

このような事態においても、βグルカンの純度の高さは重要な要素だと言えるでしょう。仕方が無く食品に混ぜる非効率なβグルカン摂取の際に、βグルカンの純度が低い低級品では、βグルカンの機能性は壊滅してしまうでしょう。しかし、高純度のβグルカンであれば、食品に混ぜることで効率が落とされてさえも、大量のβグルカンがあることで、少なからずの機能性発揮の余地が残されるのです。

効率的な摂取が追求できず、それでもβグルカンの摂取を必要とするペットにこそ、効率が落ちてさえも機能性が残るであろう高純度βグルカンが必要なのです。

高純度βグルカンは、今や85%を超える高純度品が市販されるようになりました。人間用のβグルカンとしても、最高効率のβグルカン摂取の重要性が理解され、同様にペットに対しても高純度のβグルカンが定着しつつありあます。

今日のところ、市販品として購入できる高純度のβグルカンは、85%程度のβグルカン純度の製品が、パン酵母から抽出した特殊な健康食品・サプリメントとして販売されています。

高純度のβグルカン(ベータグルカン)は人間以上に、ペットに必要不可欠な要素なのです。


Links
HOME | βグルカン本舗 | βグルカンを効率よく摂る方法 | パン酵母ベータグルカンとは!? | ベータグルカン本舗Yahoo店
最高の犬用ペット・サプリメント・健康食品 | ペット用サプリメント・健康食品 | ペットに最善のサプリメント | ペットためのベータグルカン
Copyright © ORTUS Corporation All Rights Reserved.